ゴミ屋敷片付け・遺品整理の必須アイテム:庭木の除草・選定にお役立ちアイテム

[PR]横浜市全域で「遺品整理」「ゴミ屋敷」などの「部屋の片付け」でお困りでしたら是非ご相談ください。


戸建ての家の片付けには必須作業の庭木の除草と剪定を楽にするには・・・


ゴミ屋敷や遺品整理や処理を伴う部屋の片付けでは戸建ての物件もかなり多いと思います。

その際に部屋を片付けるとなると目立ってくるのが庭先の雑草や樹木の伸び放題の枝など・・・・

実際に片付けるという風になるとどのように片付ければいいかわからないといったことが多いと思います。

そこで今回は雑草の処理や樹木の選定などをする場合にしばらく手がかからないようにするための道具を少しご紹介します。


庭作業をする場合は格好も重要です。


まず、初めて庭作業をやる人の場合、絶対に長袖・長ズボンで作業を行いましょう。

理由は時期によって虫や植物、枝などが素肌に当たり、かぶれたり、ケガをしたりする恐れがありますので必ず着用しましょう。

また、虫や植物などの影響を最小限にしたい場合はできるだけ落葉が終わった後の初冬に作業をすると寒さが本格化する前ですので作業をするにもやりやすいと思います。

自分たちの作業環境も考え、適切な格好をして作業に当たりましょう。


まずは足元の雑草を処分するには・・・


次に実際に作業をしていく場合に足元の雑草から処理を行っていきましょう。

雑草がある状態で選定枝などを出してしまうと草に枝が絡んだり、地面の状況がわからない為、出来る限り足元の状態をよくしてから作業を行いましょう。

特に遺品整理やゴミ屋敷状態になっている部屋の片付け現場の場合、長期間手入れがされていないこともありますので最低限の道具を用意しましょう。

以下は草刈りや草むしりの程度に応じて道具を選定します。

1.草むしりの場合

遺品整理やゴミ屋敷片付けを行う現場の庭先があまり広くない場合は手でむしってしまった方が早い場合があります。

そのような場合は  や  、 軍手などを用意し作業を行うといいと思います。

基本的に草をむしる場合は根っこを取るようにしておくと生えづらくなります。

2.草刈りをする場合

遺品整理やゴミ屋敷など部屋の片付けする現場が農家や庭先や広い家ですと、草むしりをするのは非常に大変だと思います。

色々な境界線の問題で草むしりなどでなければならなければ、表面上に生えている草を刈るほうが効率的と言えます。

そのような場合は 草刈り機 や 熊手 、 草を入れる袋 などを用意しておくといいと思います。

ただ、ここで問題なのが 頻繁に草刈り機なんて使わないから買いたくないという場合だとおもいます。

草刈り機は初心者が使うには少し難しい反面がありますが建築現場や土建屋さんが使うレンタル会社にはよく置いてあります。

ホームセンターですと草刈り機:1台15000円ぐらいしますがレンタルであれば安いところで1日2000円ぐらいで貸してくれます。

また、使用方法がわからない方や頻繁に使わない方の場合はレンタルで都度借りるのがお勧めです。

理由としては使い方がわからなければ現場の人がしっかり教えてくれることが多いことや多くの草刈り機はガソリンと2stオイルを混ぜた混合油を使用する為、燃料を抜かず、半年以上使わないで置いておくと次に動かないことが多々あります。

そのような道具の管理が必要になることを考えるとレンタルで貸してくれるところが近くであればあまり利用しない初心者についてはレンタル会社で借りることをお勧めします。

また、最近は長期間使用しないでも利用できるバッテリー充電式の草刈り機がマキタや日立から出ていますが草刈り機に比べると非常に高いため、頻繁に利用しないがメンテナンスが楽なものをお求めでしたらこちらがお勧めです。


枝の選定は落とす量と高さによって道具を変えましょう


次に枝の選定をする場合について記載していきます。

一般的に低木(サツキなど)と一般の樹木(柿とかきんもくせいなど)では剪定のやり方が変わります。

 

低木の場合は少量の選定であれば剪定ばさみを利用して行うのが一番安全に作業ができると思います。

また、大量に低木がある場合は バリカン といわれる低木の選定をバリバリ刈っていく道具がありますが意外と危険だったりします。

これらの初心者であれば一度レンタル会社などで借りれそうか確認し、道具のレクチャーをしてもらうのもいいかと思います。

 

次に一般樹木のように枝が外に張り出していくような樹木の選定をする場合は 手鋸 や 梯子 などを用意しておくといいと思います。

高枝切りばさみなどもありますがこの道具はあまり太い枝を切ることができないことや長さがあり、重心が不安定になるのでたくさんの枝を落とすには向いていません。

ただ、上に登らないという意味では安定している為、状況に応じて利用してもらえればいいかと思います。

また、枝を落とすだけではなく伐採などが必要な場合は手鋸だけですと切るのが大変ですのでそのような場合はチェーンソーなどを利用するのもいいと思います。

但し、この道具もかなり危険なアイテムですので使用したことがない場合はレンタル会社などでレンタルを行う際にしっかりレクチャーしてもらい扱える自信がある場合は借りてしまうほうが安いと思います。

 

このように選定や草刈りなどは状況に応じて使用する道具が変わってきます。

また、道具の使用頻度などによっては買うよりもレンタルするというほうが道具のメンテナンスを含め、管理面や費用が安くなる場合もありますのでその辺も検討材料に入れて道具は用意していきましょう。

 


いらない樹木を根っこから抜くと生えてきません・・・


遺品整理やゴミ屋敷などの部屋の片付けをしていくと長期間にわたってその建物に戻らないことがあり、今後の庭先が荒れないようにするために樹木の伐根などを検討される方もいらっしゃると思います。

基本的に樹木は根っこが残っている以上伸びてきてしまうため、枝や幹が伸びないようにするためには根っこから抜いてしまうのが一番早いと思います。

ただ、根っこは地面からあっちこっちに伸びている為、簡単に抜くことはできません。

ここでは人力で伐根を行う際の方法を記載しておきますが幹の太さが15cm以上のものは素人だとかなり難しいと思いますのであまり太くない樹木の伐根を行う際の手順として記載しておきます。

 

1.樹木の上側の枝などを落としてしまう。※抜くときに周りに引っかかるのででき限り、幹だけを残す。

2.幹のできるだけ高いところで簡単に引っ張っても幹がおれない場所にロープを縛る。※地面から1m以上、上にかけれるとよい

3.根元の土を少し掘り返し、周りに伸びている根っこの上側がみえるぐらい土をよけておく。

4.ロープをかけた位置と地面(樹木の根本)を支点にし、ロープを引っ張って根元の土を緩ませる。※緩んだ土をどかす。根っこが丸見えになるまで3と4を繰り返す。

5.のこぎりで切れるぐらい根っこが見えたら 見えている根っこを切って、3と4を繰り返す。繰り返していくと樹木がだんだん左右に揺さぶれるようになり倒れてくるので最終的に真下側に生えている根っこを切断する。

 

ここまで行うと樹木が地面から離れます。そして生えてくることは今後はなくなります。

ただこの作業は細い木の場合であれば女性でもできますが基本的には男性が何人かいないと難しいと思いますのである程度男手がある場合でないと実際は難しいかもしれませんので状況に応じてチャレンジしてください。

 


最後に草が生えないようにするには・・・


草が生えないようにするには樹木の種が目を出さないようにするか、土に埋まっている根っこを死滅させるかどちらかしかありません。

草をはやさないようにするのであれば除草剤を散布するのが一番早いと思います。

最近は顆粒タイプの除草剤があり、専用の噴霧器などが必要もなく、効果も半年持続をうたうものが多いので普段このような作業をしない方にはお勧めです。

また、余ってしまう場合でも2年程度は持ちますので時期の変わり目ごとに撒いておくと草がほとんど発生しませんので時期を見て撒いておくと後々の作業が楽になります。

畑など広範囲に渡って除草をする場合はのちに野菜を育てることが前提であれば農協などに相談し散布機を使用し散布を行う方が適切かもしれません。

それでも農薬を撒いたりするのが面倒といわれる方は草刈りを行い、除草剤を撒いた後に防草シートを施行するのもいいと思います。

但し、防草シートは安いものは遮光率が低くできる限り100%に近いシートを敷き詰めたほうが効果は非常に期待できます。

また、シートを張っただけですとシート自体が紫外線の影響で劣化してしまいますのでシートを敷いた上に砂利などを敷き詰め、シート本体に太陽光が当たらないようにするなどそれなりに手間と費用が掛かります。

もし、遺品整理やゴミ屋敷などの部屋の片付けが完了したのちにそこへ戻る予定が長期的にない場合はこちらを施行しておくとのちの管理は楽になりますが、年間を通して数回以上現地に来て農薬を散布できるのであれば農薬散布の方が手間がかからないと思います。

あくまでこの部分はライフスタイルで分かれてきますので状態や予算など生活のスタイルに合わせてうまく使い分けてください。


以上、今回は「庭木の除草・選定するなら用意したいアイテムシリーズ」ということでまとめてきました。

意外と遺品整理やゴミ屋敷などの片付けをする際にご依頼をいただくケースが多いので自分たちでチャレンジしてみたい方は是非参考にして下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る