初めての遺品整理・ゴミ屋敷片付けを行う作業ポイント・「個人での片付けはどこで捨てるのが堅実か?」

[PR]富士吉田市・富士河口湖町・山中湖村で「遺品整理」「ゴミ屋敷」などの「部屋の片付け」でお困りでしたら是非ご相談ください。


今回の「初めての遺品整理・ゴミ屋敷片付けを行う作業ポイント」は「個人での片付けはどこで捨てるのが堅実か?」について記載していきたいと思います。

一般的にごみの片付けをする場合は取りまとめた後にどこかしらに出して、ごみの処分を行います。

一般的には地域のごみの日にそれぞれのごみを出していくのがいいと思います。

ただ、それだけでは捨てきれないごみなどもあります。

今回はそのようなごみをどのようにして捨てるのがいいかを書いていきたいと思います。


ごみの捨て方にはどのような捨て方があるのか?


まず、どのようなごみの捨て方があるのでしょうか?

一般的な部分から費用が掛かるところまで色々と書いていきたいと思います。

 

1.最寄りのごみ捨て場を利用し、粗大ごみは市町村の粗大ごみ回収システムを利用する。

自分たちでゴミ屋敷の片付けや遺品の処理・整理を行う場合、一番最初に思い浮かぶのは最寄りのごみ捨て場を利用したごみの処理方法でしょう。

これは市町村にもよりますが一般的に指定袋などを除けば、処理費用が安く済むため費用的には安価に処理をすることが可能です。

家具類などについてもおおむね安価に処理ができ、家の前まで出しておけば取りに来てくれます。

但し、行政のサービスですのでデメリットもあります。

一つはごみの種類ごとに捨てれる日程が違うため、複数日に渡って処分をする事しかできないこと。

これはごみ捨て場の性質上、まとめたごみをすべて捨てることができない事や捨てれるごみの種類に合わせてごみをある程度まとめておかないとならないことなどこちらの都合に合わせた形で動くことができません。

また、粗大ごみに関しても引取は料金内で家の前までは取りに来てくれますが家の中までは引き取りに来てくれません。

人手があればなんてこともない事ですが粗大ごみに関しては実質的に外でおいておくスペースの問題もありますので使いづらい部分があるのも否めません。

 

2.市町村が運営する清掃工場に直接搬入する

次は市町村が運営する最寄りの清掃工場に直接搬入するといったことです。

遺品整理にしてもゴミ屋敷でもそれなりに不要になるものが多く出てくるため、作業を行う人手がある方にはオススメです。

一番のメリットは直接搬入することができる為、大きな家具や大量の可燃ごみ、種類別の資源ごみなどを下すことができるので片付けをする上では非常に片付けをしやすいと思います。

実際に朝からまとめて夕方受付前にすべて清掃工場に処分することができれば翌日以降の作業は部屋や仮置き場にごみがない状態ですので作業をする上でも非常にやりやすいと思います。

ただ、こちらのデメリットはいくつかありますが多くの市町村では有料での回収になってしまうことだと思います。

次にまとめたごみの種類に応じて施設が違うこともあるため、そのあたりの確認もしっかり行っておく必要があります。

そして一番は車の免許などが無いと直接搬入の為運べないことや、トラックやワゴン車がないとそれほど多くの荷物を運ぶことができないといったことだと思います。

また、土曜日はやっているところも多くあると思いますが、日曜日はほぼ受入をしていないところが多いと思いますので土日にしか休みを取れない人には活用できないかもしれません。

また、市町村によってはごみの直接搬入を受付していない市町村もありますので清掃工場への直接搬入を検討されている方は必ず、各市町村の担当窓口にご確認ください。

私の意見としては個人で遺品の整理や処理、ゴミ屋敷などの捨てるものが多い片付け作業をする場合は多少のデメリットがありますができる限り予定を合わせて清掃工場を利用するのがいいと思います。

 

3.廃棄物処理業者を利用する

上記は清掃工場を利用する方法を記載しましたが市町村の清掃工場では引き取りを行ってもらえないものもあります。

多くの市町村で引き受けしないものの代表格として 自動車部品 や バイク 、 耐火金庫 、 消火器 、 医療系産業廃棄物 、 建築廃材 、 事業系の備品 など数え上げるといろいろとありますが受付を行っていただけないものも多々あります。

そのようなものについては最寄りの産業廃棄物処理業者に直接処分をお願いする方法もあります。

また、上記で書いた一般ごみの出張改修などを行ってくれる業者もいますので自分たちで搬入ができない場合はそのような業者にお願いして引き取りを直接お願いすることも可能です。

これらの業者を利用するデメリットは一見さんに対して非常に高いことです。

また、分別を行わない状態で処分をお願いすると何倍も高くなることやリサイクル資源でもお金を払わないと引き取ってもらえないことがあります。

また、基本的にはトラック横付けで載せられる状態でないと費用が高くなる傾向があります。

ただ、遺品の片付けやゴミ屋敷の取り纏め後の処理などを自分たちでやることが前提であれば多くは市町村の清掃工場に搬出をし、処分できない部分だけを廃棄物処理業者に依頼するといった方法を取るのが一番費用面などを含め効率的に思います。

 

4.リサイクル業者を利用する

遺品整理やゴミ屋敷片付けをしていくとリサイクルできそうなものが多く見受けられます。

一般的には 金属類 や 古紙 、 衣類 などですが、他にも 食器 や 一部家電品 など色々なものがリサイクルに回すことも可能です。

ただ、これらの物品はそれぞれの専門業者や輸出業者を最寄りの地域で探さないとならない為、実際には難しい部分もあります。

また、国内向けの衣類リサイクルなどは古い衣類などは引き取らないなど意外とリサイクルをするとなると二度手間になることも多く、そのあたりの情報収集もしっかり行わないと手間ばかりかかってしまい、持って行ったが何も引き取ってもらえないといった事もあります。

私達プロの業者はその種類ごとに国内リサイクルや海外輸出によるリサイクルなど状況に応じて使い分けをしており、その分野ごとのスペシャリストたちにリサイクルをお願いしています。

実際、遺品整理やゴミ屋敷などの片付け作業を行うと量も多く出てくるため自分たちで行う場合は作業する場所が確保できなくなってしまうと思います。

そう考えると悠長にどこか専門のリサイクル業者に何か依頼するよりも手っ取り早く捨てれる方法で捨ててしまった方が作業効率はいいのかなぁとも思います。

 

5.遺品の整理や処理、ゴミ屋敷などの片付けを専門とする片付け専門業者を利用する

これは言ってみれば最終的にどうすることもできなければといったことになりますが、遺品の処理や整理、ゴミ屋敷の搬出・片付け、大規模な部屋の片付けなどを専門的に行う業者に丸投げしてしまうといったことです。

実際に自分たちで片付けを行おうとしたけど、この荷物の量をすべて片付けるのは難しいと思う方はかなり多くいらっしゃり、片付け始めたが思ったよりも大変だったと思い、業者にお願いする方も多々いらっしゃいます。

また、女手しかない為、大きなタンスや家電品などを動かすのが難しい人や仕事の都合上、時間が取れない方などそれぞれの事情があると思います。

このように状況に応じては利用するべきだと思いますし、そのほうが結果として賃貸の家賃が節約できるなどメリットが出てくる場合もあります

 

ただ、参入障壁が少ないこの業界ですので玉石混交と言った感じですのでしっかりとした業者を選定する必要があります。

また、出来る限り色々な業者で見積もりを取っていただくのがいいとは思いますが見積もりに来る業者の方の知識を図るのが一番いいと思います。

その中で自分が信じられる業者様にお願いするのが一番いいと思います。


今回は「個人での片付けはどこで捨てるのが堅実か?」について書かせていただきました。

実際に色々な片付けをしていくとここに書いてある内容だけではすべて片付けることは難しいかもしれませんが、ある程度捨てる場所の目安を立てた上で作業を行うことで効率的にどこから片付けるべきかを考えることもできますのでこの辺りのことについても是非ご考慮しながら作業を行っていただければと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る